今回はピノキオのリスニング用の記事をご紹介します!

チャックしておいて下さいね!

では早速お話の世界へ参りましょう!
How it happened that Mastro Cherry, carpenter,
found a piece of wood that wept and laughed like a child.
大工のマストロ・チェリーが子供のように
泣き笑った木片を見つけたのはどうしてですか。
wept 泣く  Centuries ago there lived 何世紀も前にそこに住んでいた
“A king!” my little readers will say immediately. 
王様!ちいさな読者たちは一斉に言いました。
No, children, you are mistaken. 
いいえ、子供たち、それは違います。
 
 Once upon a time there was a piece of wood.
 むかしむかし、木片がありました。
It was not an expensive piece of wood. Far from it. Just a common block of firewood, one of those thick, solid logs that are put on the fire in winter
to make cold rooms cozy and warm.
高価な木片ではありませんでした。 それから遠い。 薪のほんの一般的なブロックで す。厚くて堅い丸太の1つで、冬に火をつけて、
冷たい部屋を心地よく暖かくします。
solid 硬い log丸太 ログハウス cozy 心地よい
I do not know how this really happened, yet the fact remains that one fine day this piece of wood found itself in the shop of an old carpenter. His real name was Mastro Antonio, but everyone called him Mastro Cherry, for the tip of his nose was so round and red and shiny that it looked like a ripe cherry.
これが実際にどのようにして起こったのかはわかりませんが、ある晴れた日、この木片 が古い大工の店で発見されたという事実が残っています。 彼の本名はマストロアントニ オでしたが、鼻の先が丸くて赤くて光沢があり熟したチェリーのようだったため、誰もが 彼をマストロチェリーと呼んでいました。
ripe 熟した
As soon as he saw that piece of wood, Mastro Cherry was filled with joy. Rubbing his hands together happily, he mumbled half to himself
その木片を見た途端、マストロチェリーは喜びに満ちていました。 喜んで両手をこす り合わせながら、彼は半分を独り言を言いました。
Rub 擦る mumble つぶやく、ボソボソ言う
“This has come in the nick of time. I shall use it to make the leg of a table.”
 He grasped the hatchet quickly to peel off the bark and shape the wood.
「これは時が来たときです。 私はそれを使ってテーブルの脚を作ります。」
 彼は手斧を素早くつかみ、樹皮を剥がして木の形を整えました。

in the nick of time”は「ギリギリのところで」や
「 間一髪で」という意味のイディオム表現です。

 

例文: I arrived at the airport in the nick of time.

grasp 手でしっかりと掴む  hatchet 斧(片手でもてるくらいのハンディーな物) axe は大きい斧   peel off  剥がす   bark 木の皮   shape 形作る
But as he was about to give it the first blow, he stood still with arm uplifted, for he had heard a wee, little voice say in a beseeching tone: “Please be careful! Do not hit me so hard!”
しかし、彼が最初の一撃を与えようとしていたとき、彼は懇願をするような小さな声を 聞いたので、腕を上げたまま静止しました。 気をつけてください、そんなに強く叩かな いでください!」
blow 一撃 ここでは、一振り stand 立ち止まる wee ちっちゃい声
beseeching tone お願いするようなトーン
What a look of surprise shone on Mastro Cherry’s face! His funny face became still funnier.
He turned frightened eyes about the room to find out where that wee, little voice had come from and he saw no one! He looked under the bench̶no one!
マストロチェリーの顔に驚きの
光景が輝いていました。
彼の変な顔はさらに滑稽になりました。
彼はおびえた目で部屋を見渡して、どこからその小さな声が出てきたのかを探しました が、誰も見ませんでした! 彼はベンチの下を見ましたが、誰もいませんでした
shoneはshineの過去形で、~を照らすという意味 frightened おびえた
He peeped inside the closet̶no one! He searched among the shavings̶no one! He opened the door to look up and down the street̶and still no one!
“Oh, I see!” he then said, laughing and scratching his Wig. “It can easily be seen that I only thought I heard the tiny voice say the words! Well, well̶to work once more.”
彼はクローゼットの中をのぞきました。 彼は削りくずの中を探しましたが、誰もいま せんでした。 彼はドアを開けて通りをくまなく見ましたが、
誰もいません。
"ああなるほど!" それから彼は笑い、かつらをかきながら言った。 ああ、そういうこ とか「小さな声が聞こえたと勘違いしただけか、
もう一度仕事に戻ろう。」
peep のぞきみる look up and down くまなく見る
It can easily be seen  ああ、そういうことか、わかったぞ
He struck a most solemn blow upon 
the piece of wood.
“Oh, oh! You hurt!” cried the same 
far-away little voice.
Mastro Cherry grew dumb, his eyes popped out of his head, his mouth opened wide, and his tongue hung down on his chin.
彼は木片に最も強い一撃を加えた。
「ああ、ああ! 痛い!" 同じく遠くの方で小さな声が聞こえた。 マストロチェリーはびっくり仰天して目玉が飛び出そうで、 口は空いたままで、舌はあごまで垂れ下がり、言葉が何も出なかった。
  
struck 打った  solemn 厳粛な  far-away 遠くで  dumb 物が言えない
As soon as he regained the use of his senses, he said, trembling and stuttering from fright:
“Where did that voice come from, when there is no one around? Might it be that this piece of wood has learned to weep and cry like a child?
彼は意識を取り戻すとすぐに、恐怖から身震い、どもりながら言った。 「誰もいないのに、どこから声が聞こえてくるんだ? この木片が子供のように泣き泣くようになったんだろうか?
regain 取り戻す sense 意識 tremble 震えて stutter 口ごもって、言葉がでない  fright 恐怖
I can hardly believe it. Here it is a piece of common firewood, good only to burn in the stove, the same as any other. Yet might someone be hidden in it? If so, the worse for him. I’ll fix him!”
信じられない。一般的な薪の切れ端で、他のものと同じように、ストーブで燃やすだけ でなのに。 それとも、誰かがその中に隠れているのか? もしそうなら、さらにまずい。 彼に仕返しをしよう!
 With these words, he grabbed the log with both hands and started to knock it about unmercifully. He threw it to the floor, against the walls of the room, and even up to the ceiling.
こんな言葉を言った後、彼は両手で丸太をつかみ、容赦なくそれをたたき始めまし た。 そして、それを床、部屋の壁、そして天井にまで投げました。

knock 強く叩く unmercifully 情け容赦もなく

He listened for the tiny voice to moan and cry. He waited two minutes̶ nothing; five minutes̶nothing; ten minutes̶nothing.
“Oh, I see,” he said, trying bravely to laugh and ruffling up his wig with his hand. “It can easily be seen I only imagined I heard the tiny voice! Well, well̶to work once more!”
彼は小さな声がうめいて泣くのを聞いた。 彼は2分間待ったが、何もない。
 5分-何も なし。 10分-何も。
「なるほど」と彼はいささましく笑い、かつらをかき乱しました。 なるほど、小さな声は想像だったんだ。 ええと、もう一度仕事にもどろう。
moan うめき声  bravely いささましく 勇敢に ruffling up かき乱して
The poor fellow was scared half to death, so he tried to sing a gay song in order to gain courage.
 He set aside the hatchet and picked up the plane to make the wood smooth and even, but as he drew it to and fro, he heard the same tiny voice. This time it giggled as it spoke:
この怖い目にあわされたやつは、勇気を得るためにダサい歌を歌いました。
 彼は手斧をわきに置いて、木を滑らかにするために、かんなを取りました。
そして、あちこちに当てていっていたちょうどその時に、彼は同じ小さな声を聞きまし た。 今回はそれが話したように笑いました
fellow 仲間、やつ  gay song キモい、ダサい歌  gayはここでは、同性愛者の意味じゃない
plane(大工道具の)かんな  to and fro あちこちに  drew 当てていく、引く、引っ張る
even as ちょうどその時に、  giggle くすくす笑う
“Stop it! Oh, stop it! Ha, ha, ha! 
You tickle my stomach.”
This time poor Mastro Cherry fell as if shot. When he opened his eyes, 
he found himself sitting on the floor.
His face had changed; fright had turned even the tip of his nose from red to deepest purple.
「やめて! やめて! ははは! あなたは私のお腹をくすぐります。」 今回は可哀想なマストロチェリーは、まるで何かに銃で打たれたような気がしました。 彼は目を開けると、床に座っていた。 彼の顔は鼻の先端が赤から濃い紫色に変わるほど、怯えていました。
tickle くすぐる fell as if まるで、~の気がする、感じがする

お疲れ様でした!

 

TOEICの勉強に困っていませんか?

 

ケニーはTOEICオーダーメイド法メール講座をやっています!
ご登録頂いた方限定で、只今、特別に【無料個別相談】をやっています。
あなたのTOEICの勉強を一緒に見直す機会にしませんか?
↓↓↓↓↓↓
https://maroon-ex.jp/fx320991/lO0x9n

 

今回は以上です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事