今回は、モチベーションを保つ方法が知りたいという声が多くあったので、

それについて話していきたいと思います。

ちなみに、

モチベーションというのは、感情の一種
なので、

例えば、

彼女に振られた、仕事でミスをして客にボロクソ言われた
など
といった事が起こると、
感情が沈み
必然的にモチベーションという
感情も下がるというのがモチベーションの性質です。

動画を見る

何のためのモチベーション?

今回のテーマには、モチベーションを保つ方法とありますが、

みなさんは、

モチベーションを保つことによって何をしたいのか?というと、

英単語を毎日100個ずつ覚えられる

ディクテーションを毎日欠かさずできる

アウトプットの練習毎日できる

そういう行動を自分で起こすために、
このモチベーションを保ちたいと思っているはずです。

なので、

今回は、そのモチベーション=感情に左右されないように

自分を行動させる方法を順に紹介していきます。

具体的なアクションやプロセスを常に思い描く方法

まずは、強制力レベル1の方法です。

それは、今日やる具体的なアクションやプロセスを常に思い描くことです。

これをすれば、モチベーションが下がっても行動できます。

モチベーションが下がっていると、

やらないといけないことはわかっているけど、
普段よりも活力がなく、
やることが、漠然としていて、どこから手をつけていいのか自分でもわからない。

という状態に陥り、

その結果、全てあきらめ、違うことをやってしまい、
結局何もできないという道をたどりがちです。

でも、自分が今日やる具体的なアクションやプロセスが思い描けていれば、

自分の頭で考えて、選択肢を考えるという
もっとも脳に負担がかかることを
する必要がないので

モチベーションが下がっても作業的に行動できるというわけです。

事実、

その日彼女に振られて、
仕事でミスをして客にボロクソ言われて
感情が揺さぶられ、落ち込んだ時などには
何もできないくらい、モチベーションも下がります。

流石に1日で、このダブルパンチはキツイよねw

でも、よほどの事がない限り、シャワーとか歯磨きはいつもどおりやりますよね。

これは、

頭で考えなくても、行動できるようにプロセスがわかっているからできるんですよ。

寝る前には、自然と洗面台のところに行って、
そこの扉を開けて、歯磨き粉をつけて
磨いているみたいな

つまり、

これと同じように、
自分が今日やる具体的なアクションやプロセスが思い描けていれば、
モチベーションが下がっても行動できる。となるわけです。

誰かの為に、アドバイスをする方法

そして、もう1つ有効なのが、

誰かの為に、アドバイスや学んだ事を教えてあげることで、
モチベーションを保つ方法です。

これは、強制力レベル2になります。

なぜこの方法が役立つのか。
その理由は、自分1人、自分のためだけだと、
抑止力が弱い。

なので、

今日覚えることを誰かに伝えたりして、
自分1人だけではなく、周りを巻き込むという条件を
同時にくっつけることで、やらなかったら自分だけの問題ではないと
自分に意識させ、モチベーションを保てます。

自分のためだと、続かないことも、友人や家族のためなら
辛いことも頑張れる。

そんな要領です。

具体的な方法としては、

例えば、

英語の文法を毎日2時間勉強しているとして、
今日勉強した内容を、
わかりやすくまとめてSNSで発信してもいいし、
直接英語が苦手な友人に教えてあげましょう。

勉強グループなどに入っているのなら、
そのグループで共有しても
いいですね。

ポイントは、より多くの人に見られる方が、
モチベーションの保持にもつながるということです。

それでも、行動できないあなたへ

ここまで、モチベーションを保つ方法を話してきましたが、

それでも、

ムリムリムリムリ、どーしてもできないよ~~

という人がいます。

そんな人は

モチベーションを無視して解決する方法もあります。

これは、今まで話した方法の上位互換版というか

鬼バージョン、強制力マックスタイプです。笑

モチベを保つ最終兵器とは?

その方法は、

ずばり、

強い意思を持って決断するということです。

な、なんじゃそりゃ〜

なぜこれが有効かと言うと、

そもそもモチベーションというのは、日々上がったり、下がったり
簡単にコントロールできるものではありません。

どんなに成功している人も、悩みますし、
ずっとモチベーションが高いわけ
ではありません。

なので、モチベーションには頼らないし、
モチベーションを
保つことに労力も使わない。

コントロールできないから。

だからこそ、

やるかやらないかの選択肢を作らないということです。

もっというと、

彼女に振られようが、仕事でミスしようが、親が死のうが

必ずコレをやる!

強い意思を持って決断してください。

僕の友人でユーチューブをやっている子がいるんですが、

彼女は、雨がふろうが、病気になろうが、何があろうが
毎日You Tubeを
欠かさずUPしています。

その彼女に聞いてみました!

どうやってモチベーション保ってるの?

友人
モチベーション? そんなのあってもなくてもやってるだけだよ。ただそれだけ。

確かにそうだよな!

意志力の具体的な使い方

じゃあ、ここからはその意志力をどんな風に使えばいいのか

最強に行動できるようになる方法を順番に説明していきます。

例えば、

アナタが、英単語を何が何でも1日100個覚える

覚えるというのは、赤シートで隠しても5秒以内に答えられるレベルになる。

この目標を設定するとします。
→(なるべく具体的に)

そして、

次に期間を決めます。

(例えばここでは、1ヶ月とします。)

さすがに一生やり続けるというのは、

最初からはハードルが高すぎるので、やめてくださいね笑

あと、1日単語1000個を完璧にとか、
時間的、物理的に、絶対に無理な目標もだめです。

自分のスケジュール、時間、生活からみて、
これだったら、120%の力を出せばできるくらいの目標にしてください。

もちろんそれ以下でもいいです。

それを決めたら、

宣言
明日から何が起こっても、
この1ヶ月間は、毎日単語を100個このレベルまで
覚え続ける。ということを自分自信で覚悟を決めてください。

これは、先程、言ったように、

彼女に振られても、飲み会でベロベロになっても、
何があってもやり遂げると強く決意します。

最初は、どんな人でも、めっちゃキツイです。

自分の頭の中で、

理性ちゃん
なんとしてもやらねば!

という意志を持った理性ちゃんと

本能ちゃん
まぁまぁ、今日は、疲れたし、めんどくさいからまた明日やろうぜ


と言っている本能ちゃんが、毎日戦っていると思います。

この本能ちゃんは、
人間が大昔から持っている遺伝子レベルの防衛本能なので

いつもと違うことを始めようとすると、自分を危険から守ろうと
新しいことを
辞めさせようとします。

なので、しばらく毎日理性ちゃんと戦わせて、本能ちゃんを抑えないといけないです。

でも、しばらくすると、本能ちゃんも、その違った行動

ここでいう、毎日英単語100個覚えるという行動が不快ではなくなります。

そうすると、もう理性ちゃんを使って、本能ちゃんを抑える必要がなく、

むしろ、本能ちゃんが自分から、
英単語100個覚えるという行動を
やりたいとなるわけです。

これが、習慣化の完成です。

なので、この状態を目指しましょう!ということですね。

意志力と○○を使って強制力MAXに!?

ここまでだと、
継続して、習慣化させるなんて、
わかっているよ。

それができたら苦労しないよ。

と思っていると思います。

なんか、もう精神論、スピリチュアル系の話やん!って思うかもしれないですけど、

大丈夫です。

この強い意志での決意と、もう1つ強力な武器を合わせてやることで

レベル鬼が完成します。

その強力な武器とは、ズバリ

罰ゲームです。

例えば、英単語100個覚えられなかったら、
5万円速攻で、友人に送金して使ってもらうとかですね。

この罰ゲームは、別にお金でなくても良いんですけど、
お金が一番、物理的にダメージが大きいし、簡単に実行できるのでオススメです。

ただしお金の場合は、自分がその金額支払ったら、
死ぬほどイタイ金額に設定してくださいね。

10万でも、20万でもいいです。

他にも、できなかったらゴリンとかでも良いですね。

もちろん、オレは坊主になっても、全然似合うから、余裕だよみたいな

自分がその罰ゲームを受けても悔しくないものはだめですよ。

死ぬほど嫌なことを決めてください。

そして、
これも、できるだけ、友人などの人を巻き込んでください。

そして、その人に宣言してください!

結局、人間の心理を使ったテクニックが最強

なぜコレが強力なのかというと、
プロスペクト理論という心理学を使っているからなんです。

プロスペクト理論というのは、一言でいうと、

損をしたくない!という人間が行動を選択する際の心理のことで、
ここでいう、損というのは、5万払うとか、ハゲにするのことですね。

人間は誰しも本能的に、損をしたくないと考えている生き物です。

実際に僕も、
この方法を勉強やそれ以外にもよく使っていて、

今、メルマガを必ず毎日書くというのを決めているんですけど。

もし、書けなかったら、罰金10万というのを自分に課して頑張っています。

最初の頃は、5000字とか書くのでキツくて、
それが思いつかなくて、書けなくて、めっちゃ時間かかって、

毎日朝の5時とかまでやってましたね。(汗)

でも、その罰金10万という罰があるので、マジで払いたくなかったので、
何時になろうが、やり切るという強い意志とともにがんばれています。

でも、その結果、

point
結局、行動し続けているので、メルマガというコンテンツが毎日毎日コツコツと

積み上がっているし、今ではそれを毎日書くのも、そんなに苦ではなくなりました。

みなさんも、
しっかりと、強い意志をもってやる!と決断し、
罰ゲームを設定し、それが習慣となるまで頑張ってみてください。

そうすると、
自然と結果も必ずついてきます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事