Whats Up Everyone!

ケニーです!

今回はほとんどの日本人がなぜ、LRの発音ができないのか?
というテーマについてお話していきます。

 

動画を見る

はじめに

今まで舌を巻いて音を出すとか、
前に小さい「ウ」をつけて音を出すだとか。

そんな間違ってる方法では、いつまで練習していても
一生、正しく発音できません。

Question
なぜ発音ができないのか?
・なにが違うのか?

・どのポイントを意識すればいいのか?

根本要因から解説していきます。

明日から、LRの発音を克服して、
ジャパニーズイングリッシュではなくて、
せめてネイティブに聞こえるように発音ができ、
自信を持って英語が使えるようになりましょう!

なぜ日本人がLとRの発音ができないのか?

このできない理由をしっかりと理解しましょう!

LRの発音はそもそも日本語には存在しない発音なので、
発音できないのは、当たり前なんです。

もっというと、

point
僕らは、LとRの音を出す為の、舌の動かし方をまだ知らないだけなんです。

じゃあ、逆にめっちゃポテンシャルがあるってことだね笑


そして、
ネイティブにとって
LRの発音は、
全く別物の音です。

なのに、多くの日本人は、
LRの発音をカタカナの「ラ」と似ているから

そのまま「ラ」と発音してしまいます。

しかし、

英語には、RLの中間のような「ラ」という音がないので、

ネイティブには「ラ」が聞き取りづらいという

お互いが何言っているのかわからない状態が起こっているんです。

なので、

point
LRの発音は、似ているという理解ではなく、
全く別物だとインプットし直してください。

LとRの発音ができなくても大丈夫?

いやいやでも、別にLRの発音なんてできなくても、
なんとかなるっしょ!!!」と思ったあなた。

もし、LRの発音ができなかったら、
実際に、海外に行った時に外国人と話すとき
せっかく頑張って英語を使っても、
What?
みたいに聞き返されることが多くなります。

例えば、

海外でタクシーに乗っていて
右に曲がってほしいとき、

右は英語でrightなので、

っあ、通り過ぎる!? ライト、ライト、ライト!

と言いました。

でも、運転手さんは
light = 電気だと思って、

車内のライトをつけてくれました。

みたいなことが起こったり

もし、あなたに好きな子がいて、

愛してるよといいたい時、

もし、LとRの発音を気にせず、
何の気無しに

アイ・ラブ・ユー

そう言ってしまったら

What?What did you say?
(っえ?何て言ったの?)

って言われるかもしれません。

だって、

I love you.ではなくて

I you.(あなたをこすります)

って言ってるからです。笑

他にも、

LとRの一文字が違うだけで
全く意味の異なる表現がたくさんありまして、

I eat rice. と I eat lice.

これちなみに、

もし、I eat liceって言ったら、

私はシラミを食べます
って言っていることになってしまいます(汗)
気をつけましょう!

その他にも

といったまぎわらしい単語がたくさんあるので、

LRを使い分けるのは結構重要なんです。

へぇー、こんなにたくさんあるんだね!

Lの発音の練習

それでは、実際にLの発音からやっていきましょう!

LRの発音を練習するときに、

口の形がわかりません。

っていう人がよくいますが、

実際には、口の形はあまり関係なくて、

重要なのは、舌の位置と形になります。

Lは舌を上の前歯の後ろに少し当てて音を出します。

舌を前歯の前までは出さなくて大丈夫です。笑

舌を上の前歯の後ろに少し当てて

light light

発音してみてください。

Rの発音の練習

次に、Rの発音です。

Rは舌の形を意識します。

イメージとしては、舌を少し引っ込めて声を出す感じです。

その時に、よく舌を巻こうとする人がいますが、

それはやらなくていいです。

舌を少し引っ込めて、

right right

発音してみてください。

LとRの発音(応用編)

はい、ここまでどうだったでしょうか?

point
鏡見ながら、舌の形を意識して練習すると、発音がもっと上手になりますよ。

そして、

さっきやった

rightlightのように

単語の最初や最後にLRがある場合は

まだいいんですけど、

RLが1つの単語に2つ同時に含まれていると

少しむずかしいかもしれません。

really

これをいつものように、「リアリー」ではなくて

最初はRだから、舌を少し引っ込めて、
rea
次にLがくるので舌を上の前歯の裏に少し当てて
〜〜lly

これをつなげて言うと、

really になります。(動画参照

このreally

libraryあたりが難しいですかね。

それと、

僕の海外の友達が日本に来た時に、
サントリーとかのビール工場よく連れて行くんですけど、

ビール工場は英語で、

コレ何て発音すると思いますか?

カタカナだと、
ブルーリー

正しい発音は、
動画を見て、合っているか確認してください!

これもRの発音ができないと結構難しいです。

難しいですかね?

おわりに

冒頭で言ったとおり、

LRの発音は、日本語にはない発音だから
僕らはそもそも、知らないんです。

知らないから、

point
LとRの音を出す、新しい舌の動かし方
これを練習するだけなんですね。

だから、

reallyみたいなLRが一緒に含まれている単語も
初めはできなくて当然です。

舌を早くその形に移動する練習をしていると、
そのうち、慣れて話せるようになります。

発音は、筋トレみたいなものですので、頑張ってください!

それでは、あなたが楽しく英語の発音を習得できることを応援しています!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
また何か質問等あれば、コメント欄または、お問い合わせから
何でもご質問ください〜〜

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事