皆さんこんにちは、ケニーです!

今回のテーマはFromです。

 

動画で見る

 

この記事の内容は動画でも解説していますので

是非チェックしてくださいね!

 

はじめに

 

そして、過去に教えられた 「fromは〜から」

という日本語だけでは、

対応できないシュチュエーションにも

しっかりと対応できるように、ネイティブ感覚を身に着けていきましょう!

 

Fromはどいう言う感覚?

 

Fromの感覚は、

「ある点から出発する、離れていくそして、距離を取るという感覚」

イメージで表すとこんな感じです。

 

具体的な例文

 

では、この

ある起点から、出発する、離れていく
そして、距離をとるという感覚を
シュチュエーションごとに、見ていきますね。

 

まずは

「We are 10minutes from the lake.」

 

これは、とても分かりやすい距離を示すfromの使い方で、

 

湖から離れていくというイメージですよね。

次は、

「Meeting is from 6pm at the hotel.」

 

これは、時間を示すfromの使い方で、
この時間から、ミーティングが始まるというイメージです。

 

そして、

「Paper is made from wood.」

 

紙の原材料は、木ですよね。そして、その木を
工場なので色々加工して、最終的に紙となります。

このfromは、物事や原因や、根拠、の起源と、
そのプロセスを経ての結果の距離を表しています。

 

しかし、その間のプロセスについてはアバウトなんです。

要するに、

 

 

頭と、尻尾はつながっているけど頭と、尻尾だけ、気になるのがfromです。
だから、点線で表されます。

 

この性質がわかれば、

「Japanese culture is different from others.」

 

 

このように、起点から離れて、区別するという距離感も理解できると思います。

そして、最後に、

「Students are prohibited from wearing colored contact lens.」

これは、生徒をカラコンから、離しておくというイメージで、
fromは、こういった、人などを〜することから引き離すという性質も持っています。

 

まとめ

 

はい、今日はここでですが、
fromの感覚は理解できましたでしょうか?

では最後に、

今回で、from、そして、前回までにofの解説をしてきましたので、
この問題をネイティブ感覚を通して理解できるか試してみてください!

Wine is made ○ grapes.(ワインはぶどうから作られています)

The table is made ○ wood.(そのテーブルは木で出来ています)

ちなみに、ヒントは、

ofのイメージは、全体から、一部を取り出す

fromは、始まりから離れていくというイメージでしたね。

今回はここまで!

 

TOEICの勉強に困っていませんか?

 

ケニーはTOEICオーダーメイド法メール講座をやっています!
ご登録頂いた方限定で、只今、特別に【無料個別相談】をやっています。
あなたのTOEICの勉強を一緒に見直す機会にしませんか?
↓↓↓↓↓↓
https://maroon-ex.jp/fx320991/lO0x9n

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事