G'day mate!ケニーです。

今回は英語が話せない人の3つの特徴について話していきます。

この英語が話せない原因が何かがわかることで、

勉強しつづけてもしつづけても、英語が一向に上達しないという
最悪な負の連鎖から抜け出すことができるので

ぜひ参考にしてみてください。

動画を見る

英語が話せない人の特徴①【○○力】

まず、英語が話せない人の特徴の1つ目が、

継続力が足りない人です。

これは、どんな勉強でも当てはまることですが、
新しい事を習得しようとする時には、
最初からすぐに覚えられる人はほとんどいません。

しかし、継続力が足りない人はなぜか、1つの単語帳を勉強すると、
それがまだ終わっていないのに、「また新しい単語帳を買う」という

単語帳コレクターになってしまうんです。。。。。

事実、学生時代は僕も、

もっと良い、もっと自分に合う単語帳があるはずだ。

と、気づけば、色んな種類の単語帳を5冊も持っていました。

今では分かりますが、そんな1回や2回くらい暗記・練習したくらいで、
覚えられるわけがないんですよね。

自分どんだけできる人なの?天才なの?

自分の期待値高すぎ

ワロタです。

これは、今でも僕の戒めとして、いつも勉強や新しいことをするときに
自分に言い聞かせています。

point
みんな自分の期待値が高すぎなんです、1回やって覚えられなければ、5回、
それでも無理なら、10回、100回、繰り返す気持ちでやりましょう。

1つの単語を100回繰り返し暗記したのに、未だに覚えられない人は、
僕に連絡ください。笑 一緒に勉強しましょう!

英語が話せない人の特徴②【マ○ン○の問題】

そして、英語が話せない人の特徴、2つ目が、

マインドの問題です。

日本人が英語に対して持っている負のマインドはこうです。

負のマインド

英語を人前で話すのは恥ずかしい

その理由は、間違えるのが恥ずかしいから、怖いから

自分の意見をハッキリと言えない。

これらが英語コンプレックスの根源となり、
英語を話せるようになる障害になっています。

僕は、学生時代インド人とルームシェアしていたんですが、

彼らは、もちろん英語ネイティブではありませんが、
独特のなまりのヒングリッシュで、ガンガン自分の意見を言っている姿を見て、

英語が母国語じゃない国の人はたくさんいるし、完璧な発音なんて気にしなくていいや!

とマインドブロックが外れました。

僕も、含めて日本人は完璧主義の人が多いので、1秒でそのマインドは捨てましょう!

英語なんて伝われば、適当でいいんですよ適当で!笑

英語が話せない人の特徴③【○○を目的としていない】

そして、英語が話せない人の特徴、最後の3つ目は、

最終的に英語を話すことを目的として勉強していない人です。

英語を話したいな~と思って、いつまでも

毎日、単語と文法だけ覚えて、インプットで満足していませんか?

その日、せっかく大量にインプットしたら、

絶対に同じ量アウトプットにも時間を使ってください。

僕らは、どーしても小さい頃から学校で、インプットの勉強ばかりをやってきたんで

それに慣れて、インプットだけで英語勉強したと安心してしまうんです。

具体的なアウトプットの勉強法は【別の記事】で詳しく解説しているので、

興味ある人は覗いてみてください。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
また何か質問等あれば、コメント欄または、お問い合わせから
何でもご質問ください〜〜

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事