Hello Everyone

ケニーです。

今回のテーマは、意外とみんなが知らないso veryの違いについてです。

 

動画を見る



はじめに

ここで、突然質問なんですが、

Thank you so much と Thank you very much

これらの違いって分かりますか?

意味はどちらも「本当にありがとう」で、

同じなんですが、ニュアンスが違うんです。
この使い分けができていないと、
ネイティブがあなたの英語を聞いた時に、少し不自然に感じます。

そのニュアンスの違いとは、なんぞやということなんですが、

soカジュアルで主観的な表現。感情的な表現になります。

一方

veryフォーマルで客観的な表現になります。

例文で見てみると、

She is so beautiful.

(彼女は本当にキレイだね)

こちらは、主観的イメージなので、

その女性を本当に自分のタイプだなと感じているんですね

一方、

She is very beautiful.

(彼女は本当にキレイだね)

こちらは、客観的イメージなので、

一般的にみんなもキレイと言っているのでveryになります。

このように、微妙にニュアンスが違うので、

特にビジネスの場面では気をつけましょう

ビジネスの場面での実体験

これは実際に僕の経験なんですが、

会社に遅れてきて、

I’m so sorry for late. 

と言ったら

上司の怪訝な顔をされたことがあります。

soを使うと

ちょっと感情的でくだけた表現になるので、

みなさんも気をつけてくださいね。

最後に、QUESTION

では、

最後にイメージでsoveryのニュアンスを掴んで下さい。

こちらの2つのイラストですが、

どっちがIt’s so hot.

で、

どっちがIt’s very hot. でしょうか?

ABに入る言葉を考えてみて
下のコメント欄でぜひ教えてくださいね!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
また何か質問等あれば、コメント欄または、お問い合わせから
何でもご質問ください〜〜

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事