はじめに

 

英単語の覚え方は中学生、高校生だけじゃなくて
大人の方でも悩む事だと思います。

この方法は東大現役合格した人が多く使う
効率的に成績に直結暗記方法を確立するものです。

暗記の本質を身につけれるので
ぜひ最後まで見てください!

 

英単語のゴールとは

 

英単語を覚える方法を3つご紹介します。
まず英単語を覚えるゴールとはなんだと思いますか?

 

ゴールが定まってない方は
暗記ができない方です💦

単語を5,10秒考えて出てくる状態は
ゴールとは言えませんね。

 

ゴールというのは、長文読解、リスニング、スピーキングで
パッと英単語を見て瞬時に理解できるというとこ。
→瞬時に分かるという事が一番大切

 

Apple=りんご
Book=本

のレベルがゴールと言えます。
では早速その3つの方法を紹介していきます!

 

高速タイムアタック

基本的に書かない

 

瞬時に行うことが大切です

 

1秒1単語で発音しながら行く 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような単語帳があるとすれば

ディペンド、頼る
→エンカレッジ、励ます
→エグジスト、存在する

のような感じで

1秒1単語で発音しながら行います。

 

全ての意味を覚えようとしない

これは写真のdependの2つ目の意味の
「~次第である」は覚えないという言うことです。

基本1単語1意味で覚えていきます!

※覚えるで終わっては行けない
→10分暗記をして小テストをします

そこで間違えた単語を5分復習して再びテストをします

 

図に表すとこんな感じです。


  

  

    

 

ランダムリフレクション

これはランダムに思い起こすと言うことです。

上の図の間違った部分を1日後や1週間後に
ランダムでテストをやってみましょう!

フィルタリング

1,2をやってもどうしても

覚えられない単語はどうしたら良いでしょうか?
その対策としては3つ好きなもので良いので
試してみるとOK!

Google画像検索 

 

 

 

 

 

 

Google検索をするとイメージとして印象に残りやすいです。

 

 

メモして持ち歩く

 

 

いつでも出せて何度も見返せれる
何度その単語と出会うかが覚えられるポイント

 

例文を暗記

 

 

自分で覚えやすい例文を作ってもOK
類義を作ってもOK

 

全て深掘りをするのではなくて
どうしても覚えられないものを深掘りする!

 

何度も何度も復習していけば

必ず塗り絵のように

しっかりと暗記が定着できますので

頑張っていきましょう🔥

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事